Blog

ブログ更新情報


2015

ボールを上手に捕るために①

こんにちは、コーチの石渡です。

フラッグフットボールでは、ボールを前に進める為に、

大きくいうと下記2つのプレーを行います。


①ボールを持って走るランプレー

②クォーターバック(QB)の投げたボールをとるパスプレー


ランプレーはシンプルにボールを持って走るプレーなので、

細かいポイントや走り方のコツ等はありますが、初心者でも

対応し易いプレーだと思います。もう一つのパスプレーですが、

飛んで来たボールをキャッチするという、こちらもシンプルな

プレーではあるのですが、初めてやってみるとなかなか難しい。

うまくボールをキャッチ出来ないので、パスプレーに苦手意識を

持ってしまうプレーヤーも多いようです。PFCでは、幾つかの

ステップを踏んでパスが捕れるように指導しています。その

ステップとは①まずボールをしっかり見る②次にそのボールに

両手を当てるというものです。① の「ボールをしっかり見る」

というポイントですが、当たり前のようですが、これが出来て

いないプレーヤーが結構多いのが現状です。理由としては飛んで

くるボールへの恐怖心から目をそむけてしまったり、パスを

捕った後のことを考えて、ボールをしっかり保持する前に、

フィールドに目をやってしまうなどという理由があります。

フラッグフットボールのボールは、プライマリークラスでは

柔らかいソフトボールを、キッズクラスでは固いハードボールを

使っているのですが、ソフトボールについてはキャッチに失敗

してボールが顔にあたっても、それほど痛くありません。

キッズクラスのボールは固いので、顔にあたればある程度痛い

ですが、それで大けがをしたプレーヤーはこれまで見たことが

ありません。いずれにしても、ボールをキャッチする為には、

怖がらずにボールを最後まで良くみる必要がありますので、

キャッチ力を上げたいプレーヤーはその点を意識して練習に

取り組みましょう。勿論我々コーチも初心者に対してはボールに

恐怖心を覚えることが無いように、ゆっくりしたスピードで

ボールをキャッチする練習から始めて、ボールに慣れるように

指導していきます。次回はボールを上手く捕る為のもう一つの

ポイント、「まずは両手にボ−ルを当てる」についてブログに

書きたいと思います。


GO,PHOENIX!!

コメント
名前

内容


ゴトウ
2015-03-16 20:36:49

自主連に励んでいます